マラソンランナー

阿部 将大 様

実績
5000m 15分40秒55
おおいたシティハーフ2018 ハーフ 1時間11分56秒
第67回別府大分毎日マラソン フル 2時間32分17秒
福岡マラソン2018 総合17位
男子24歳以下の部 1位
小郡ハーフマラソン2018
総合11位 男子24歳以下の部 3位
第72回福岡国際マラソン 出場

「靴下なんてどれも同じやろ!?」という思いが一蹴されました。

Itoixと出会う前、私は2足で1000円の靴下を練習でもレースでも使っていました。
理由はもちろん安いからです笑。しかし、フルやハーフの長時間ロードを走るレースでは豆が出来てしまうという悩みを抱えていました。
そんな時、ランニングサークルの先輩から紹介されたのがItoix。薄くて軽いというのが第一印象でした。実際に使用すると薄いのでシューズとのフィット感も抜群で中でズレることもなく、悩みだったレース後半に出来る脚の豆も全く気にならなくなりました。
耐久性も非常に良く、今まで使用していたものよりも費用対効果で見るItoixの方が圧倒的に優位性があり、正直、他の靴下にはもう戻れません。
これからもItoixと供に自己記録を更新していけたらと思います。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

トレイル/マラソンランナー

横内 佑太朗 様

実績
第89回箱根駅伝出場 6区
第91回箱根駅伝出場 6区
フルマラソンベスト
2:16’42”(2014年びわ湖毎日マラソン)
野沢トレイルフェス ロング28km 3位
筑波連山天空ロード&トレイルラン ショート25km 優勝

Itoitexと共に今後も高みを目指し、1人でも多くの方に商品の良さを伝えていきたいです。

私とItoitexとの出会いは、大学2年次の箱根駅伝(6区)前でした。
下りの特殊区間ということもあり、それまでは色んなことを試しても途中で足裏のマメが潰れてしまっていました。しかし、Itoitexを履いてからは通気性の良さと滑りにくいことによりそのような心配が一切なく、本番でも力を発揮することができました。
それ以来、ずっと愛用させて頂いています。
今でもフルマラソンやトレイルレースに出場していますが、Itoitexのお陰で足裏のマメ等を気にすることなく自分の走りに集中することができています。
そんなItoitexと共に今後も高みを目指し、1人でも多くの方に商品の良さを伝えていきたいです。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

三段跳び選手

藤内 誠也 様

専門種目:三段跳
実績
自己ベスト15m86
16m16(追い風参考記録)
全日本学生個人選手権大会優勝
全日本インカレ4位
日本選手権二年連続出場

長時間の練習後でも、履きたての様な感覚で、全く蒸れない!

私は陸上競技の三段跳びをやっています。
跳ぶ瞬間の踏切でしっかり踏ん張ることができ、しっかり地面を捉えて力を入れることができるのでとてもお気に入りの靴下です。
長時間の練習を終えても、履きたての様な感覚で、全く蒸れがありません。
初めて履いたときは驚きました。素材も軽く、素足に近い感覚がありストレスを感じません。
またフィット感が強く、激しく動いてもズレることなどがなく、試合や練習に集中することができます。
ここぞという勝負時に履きたい代物ですし、私の勝負靴下です。
素足に近い感覚の靴下を探している方にはとてもオススメです!

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

ハードラー

田中 秀明 様

専門種目:110mH
実績
自己ベスト14秒42
福岡県選手権3位
九州実業団選手権優勝
全日本実業団選手権出場

素足に近い感覚で地面をしっかり捉えることができています。

陸上競技の110mハードルを専門としています。ハードル練習や試合などでは普段使ってる靴下と比べて、素足で走ってるような感覚で地面をしっかり捉えることができ、とても良い感触です。
素足に近い履き心地がとても気に入っています。
練習後の疲れもほとんど感じることがありません。
また私の足は外反母趾気味となっていて、必要不可欠なアイテムとなっています。
短距離選手や外反母指で悩んでる選手には一度試してもらいたい靴下です。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 セミロング

マラソンランナー

田中 飛鳥 様

実績
5000m:14分12秒
10000m:28分40秒
マラソン:2時間10分13秒
(東京マラソン2018 16位)
(福岡マラソン2017 優勝)
(第48回防府読売マラソン 3位)

頼りになる相棒です!!

汗っかきで暑い日はシューズまで濡れてしまい、マメや水ぶくれができる私にとって、ソックスは常に悩みの種でした。
いろいろなソックスを試す中でItoitexと出会い、高い通気性と速乾性がとても気に入っています。
マラソンを走る上で1番酷使する足をゴールまでいかに快適な状態に保つかはパフォーマンスに大きな影響を及ぼすので、これからもItoitexを履いて自分の限界にチャレンジしていこうと思います。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

ハイジャンパー

藤 博文 様

種目:走り高跳び
自己ベスト:2m12cm
九州実業団選手権4年連続優勝
全日本実業団陸上競技選手権入賞
M25全日本マスターズ陸上日本記録更新(2m08cm)

Itoitexと一緒に1cmでも高みを目指したい!

私は陸上競技の走り高跳びという種目を専門としています。助走から跳ぶ瞬間まで地面をしっかり掴める感覚としてitoitexの靴下はとても良い感触です。
また他選手の試技中などは待機している時間が長くスパイクの中が蒸れてしまうことが多かったのですが、今では全く蒸れず良い状態を維持してくれます。メイドインジャパンという部分も気に入っています。もう他の靴下は履けません。
今後もitoitexの靴下と共に1cmでも高く跳び、高みを目指していきたいと思っています。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

マラソンランナー

藤井 翼 様

自己ベスト
5000m→14分09秒 / 10000m→30分20秒 / 3000msc→8分57秒
マラソン→2時間40分(2017別府大分毎日マラソン)

日常生活でも手放せない!

私は学生時代から陸上をやっていて、ハーフマラソンや走り込む練習などではマメがよくできて悩むことがありました。そんな時、社会人になりマラソンを始めるタイミングでItoitexの靴下と出会いました。
触り心地はザラザラしてますが履いてしまえば全く気になりません。薄くて軽いので履いてる感覚がなくなります。速乾性が高くフルマラソンでもマメができなくなりました。
また雨の日の練習やレースでも靴の中は快適でストレスを感じません。
今ではランニング以外の日常生活でも履いています。この靴下を履くと他の靴下は違和感を感じてしまうぐらいです。
マメや蒸れに悩んでる方は騙されたと思って一度試してもらいたいアイテムですね。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

トライアスリート

藤田 茂雄 様

2017年6月 IRONMAN 70.3 セントレア 常滑 4時間57分28秒 50-54才代 3位
2017年11月 IRONMAN Malaysia Langkawi 11時間39分19秒 50-54才代 15位
2018年1月 おおいたシティハーフマラソン 1時間27分26秒

ランニングソックスの速乾性・強靭性が支えです。

主にトライアスロンをしていますが、ランがハーフ・フルのレースではバイクからのトランジットで少し時間が掛かってもItoitexを履いています。
それは、トライアスロンが暑い時期のレースが多くカラダを冷やすためにエイドで水を被ることが多くシューズまで濡らしてしまいますが、靴下の中は快適で水膨れが出来ることなく最後まで快適に走れるからです。
あとはランニングソックスでは踵の部分がすぐに穴が開いてしまうことが多いのですが、Itoitexでは履き潰しくらいの頃に生地が少し薄くなるレベルなのも気に入っています。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート
ランニングソックス ラウンド ショート

ブラインドマラソンガイドランナー

堀内 規生 様

汗かきで足裏まで汗だくになる私にとってItoitexは大きな武器となっています。

私が行うブラインドマラソンという競技は、ブラインドランナーとガイドランナーがともに走る運命共同体みたいなものです。
ロープを握り一度走り出したらどちらかが転んでも故障してしまっても共倒れになる競技です。
特に日の丸を付けて走る国際レースとなればその重みにより潰されそうになることもあります。
そんな中、ガイドランナーである私が足にマメが出来てしまい痛くて走れないなんて理由でレースを無にしてしまうことなどありえません。
自身単独のレースでももちろんですが、ガイドの際はより一層細心の注意と準備をしてレースに臨みます。
汗かきで足裏まで汗だくになる私にとってItoitexは大きな武器となっています。
汗はもちろん、雨、給水やスポンジで濡れることにも強くフィット感を損なうことなくレースに集中できる相棒となっています。

堀内規生 氏の詳しいご紹介はこちらから

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

マラソンランナー

秋吉 康史 様

2017年 防府読売マラソン 2時間58分35秒

Itoitex、もう手放せないですね。

出会うまではマラソンを走るたびに、ネットやスポーツ用品店で色々と悩んで色んな靴下を試したのですが毎回マメができていました。
Itoitexと出会ってからはフルマラソンはもちろん、ウルトラマラソン、雨の中の100kウォークでも足のトラブルとは無縁!
知り合いのランナーみんなに勧めまくってますよ。
昨シーズン50歳を過ぎて念願の初サブスリー達成したんですがItoitexとの出会いがなければ絶対無理だったと思います。

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 セミロング

モトクロスライダー

畑尾 樹璃 様

全日本モトクロス選手権レディースクラス
2017年度年間ランキング4位
2018年度6戦終了時ランキングトップ

5本指になっているのでチカラが入れやすく、とても性能のいい靴下です!

モトクロスは専用のブーツを履いてバイクに乗ります。
雨の日や夏の暑い日は蒸れが生じやすいのですが、この靴下は速乾性があり蒸れによる不愉快感を無くしてくれます。
5本指になっているのでチカラが入れやすく、とても性能のいい靴下です!

▼オススメの靴下はコチラ
ランニングソックス 5本指 ショート

トレイルランナー

今田 好則 様

2017年 2/12 新潟 スノーランカップ三条大会 総合1位
2018年 5/19 富山 TOGA天空トレイル 総合4位

ムレない、滑らない、乾きやすい。
この3つをクリアしているのは、Itoitexだけ!

トレイルランニングには、
ムレない、滑らない、乾きやすいというポイントが非常に大切です。
1.ムレると皮膚がふやけて水ぶくれになりやすくなる。
2.滑ると皮膚摩擦によってマメができやすくなる。
3.悪路でシューズが濡れてしまっても気温が高い日は走行中に乾きます。
以上のポイントをクリアしているソックスはItoitexしかありません。

ウルトラランナー

青谷 瑞紀 様

24時間走 日本ランキング1位、世界ランキング8位 (2016年度 230.609km)
24時間走世界大会日本代表 (2015年、2017年)

どんな悪天候でも機能的でタフなItoitexが相棒として守ってくれています。

2016年の24時間走日本代表選考レースでItoitexを履かせていただき、優勝することができました。
一周1.3kmのアスファルトをノンストップで走り続け、足への負担が大きい競技ですが、靴擦れのストレスもなく走りに集中できました。
最小限の装備で長い走り旅をする時は、洗ってもすぐ乾くので助かります。
24時間走やスパルタスロンなど250km級のレースをメインに活動しているため、週末は100〜200kmを走りますが、どんな悪天候でも機能的でタフなItoitexが相棒として守ってくれています。

スカイランナー

藤 飛翔 様

「ユース世界選手権(グランサッソ・スカイレース)」
VERTICAL KILOMETER(+1,000m/3.5km):U23部門 10位(46:18)
SKYRACE(±2,226m/21.6km):U23部門8位(2:57:36)

おろしたてであるにも関わらずマメなど全くできず、むしろ指でしっかりと力をいれることができました。

私が参加した2つのレースでの使用感です。
まずは、VERTICAL KILOMETER。前日からItoitexとおろしたてのシューズを履きました。おろしたてであるにも関わらずマメなど全くできず、むしろ指でしっかりと力をいれることができました。特に今回は斜度が大きく、ウォークが多かったので一歩一歩ポイントを踏み外さないことを意識しました。その点でおろしたてのシューズでも靴の中で足が動かないのがかなりの強みだと思います。
そして、SKYRACE。日本ではないようなテクニカルなレースで、特に下りは飛ばせるパートと難しいパートがありました。いつもの20kよりはゴールタイムが長引くことが分かっていたので靴紐は緩めにしました。足場が不安定な箇所が多く足首がグラつくところがありましたが、靴紐を緩くしても足は全然平気でした。下りでもかっ飛ばすことができ、満足のいく内容でした。

トレイルランナー

吉田 浩章 様

Kobo Trail 2016「K to K」優勝
55.7km累積標高4,000m 8時間3分

天候に関係なく足裏全体のドライ感がキープされているのがとても実感できました。

特に、雨の中で快適に使用でき、足裏のふやけもありませんでした。
商品に一切の無駄が無く、よくあるサポートに頼る設計でもなく、自らの感覚を忘れることなく走ることができました。

ファストハイカー

岡田 泰三 様

TJAR(415km,累積標高27,000m):完走(7日間と19:56)

穴あきなど全く無し。私としては十分な強度と耐久性でした。

スタート〜市野瀬までは同じItoitex、市野瀬〜フィニッシュまでも違うItoitexを通して履きました。(雨で濡れなかった為、変える必要がありませんでした)
前半、後半のどちらのソックスも穴あきなど全く無し。接地する母指球辺りの生地は少し薄くなったかな?みたいな感じはありますが、基本的には問題無しです。私としては十分な強度と耐久性でした。

マラソンランナー

杉村 晋吾 様

自然を相手にするには、自然素材が克つ。
ハードな競技者には、Itoitexは手放せない。

和紙のソックスは自然素材特有の強さ(濡れ、冷え)があり重宝しています。
やはり、ダウンやウールと同じく自然には自然素材が克つという事だと思います。
UTMBは、170kmという長丁場のレースでしたが大きな疲労もなくフィニッシュできました。
翌週にはモンブラン登頂へ。9月のモンブランは既に初冬で、登頂した9月3日には30cm程の新雪が着いている状況でしたが、和紙ソックスをアンダーに着用することで冷えなく快適に過ごすことができました。

トレイルランナー

町田 吉広 様

トレイルランの為のソックス。
Itoitexは、私のパートナーです。

泥や朝霧で、靴の中が湿ることが多い競技なのですが、雨が降っていたとしても不快感がありません。長時間にわたる競技において水分のストレスがないのは、とても助かります。
また、足のマメは、水分や湿気の影響でできると言われていますが、Itoitexを履くようになってから、足のトラブルが激減しています。
しかも指にフィットしているから、疲れにくい。そのため、私は、足を休ませる時でも着用しています。秋のアルプスは寒いので、Itoitexをそのまま着用して仮眠することもあります。

プロテニスプレイヤー

園田 彩乃 様

Itoitexを履かずにプレーなんて考えられない。
コートを掴める感覚が大好きです。

私は、プレー中に他の靴下は履いてプレー出来ない程Itoitexを愛用しています。
まず、他の靴下と大きく違うところは軽さです。他の靴下と比べ、軽くて薄い為、裸足感覚で走れます。そしてなかなか破れない為、コストパフォーマンスも良く助かっています!
又、和紙の特徴を生かしている為、蒸れにくい、豆や水膨れができにくいという点が私の1番気に入っているところです。
5本指ソックスなので足指をしっかり使え、コートを掴みながら走れる感じもすごく好きです。
足のトラブルでお悩みの方は、是非一度試してみてほしいです!

スラックラインライダー

田中 健雄 様 / 輝登 くん

Xゲーム オースティン2016で 3位(輝登)
GoPro Mountain Games 2016で準優勝

ライドに大切な靴との相性も抜群。
世界に挑戦するには、Itoitexは絶対に欠かせない。

スラックラインは幅5センチのラインの上で、飛んだり跳ねたりするスポーツの為、シューズとソックスの相性が悪いと、回転してライン上にピタリと止まりたい時にズレてしまうので、ソックス選びがとても重要です。
初めてItoitexの五本指ソックスを履いた時は、滑りそう…という印象でしたが、一度洗濯することでフィット感が増し、シューレースの結び方などアドバイスをいただき、実際に履いてのライドでは全く違和感もありませんでした。
さらに、2人とも今まで、練習後の靴の匂いを嘆いてましたが、Itoitexを履くようになってから「臭くない!」と喜んでいます。
輝登は世界の大会に多く出場しますが、足を守る良き相棒としてItoitexは欠かせません。

ワールドカップクライマー

渡辺 数馬 様

驚くほどタフで耐久性抜群。
素足クライマーにはお勧めしたい一足です。

5本指なので指がズレにくいのはもちろん、和紙が組み込まれているという素材は、裸足に近付けて使用する事が出来ています。
驚いたのは、透けるほど薄いのに、予想を覆すほどタフ。正直、最初は耐久性がすごく不安だったけど全く問題ありませんでした。
素足クライマーにも違和感なく使えるし、ランニングやトレラン用のユーザーが多いようですが、クライミングにも十分通用するソックスだと思います。

セパタクロー

寺本 進 様

ほどよい締め付け感が
疲労回復を促進してくれます。

初めて履いた時は、一般の靴下より、伸縮性が少なく、違和感がありました。
ただ、実際に履くと素足でいるようで、軽くて心地よいはき心地でした。
今までは、伸縮性がある方が良いと思っていましたが、靴下に接する面の皮膚はそれほど伸びるわけでもないので、過剰な伸縮性は必要ないのかもしれません。
適度な締め付けが疲労回復を促進してくれる感覚もあり、とても優れた画期的な商品だと感じております。

トライアスロン

中川 祐理 様

試合に近い状態で練習ができ、
パフォーマンスが上がりました。

ランニングの練習時やバイクの練習時に和紙のくつ下を使用しました。
トライアスロンのオリンピックディスタンス(トライアスロン競技距離の一種)は素足に靴という形で競技をします。
以前は靴下にこだわりはありませんでしたが、和紙の靴下を履いて練習をし蒸れの無さを実感。 素足で走っているような感覚で試合に近い状態で練習ができたように感じます。
その結果、本番でもパフォーマンスが上がりました。