第四章「呼吸する和紙の靴下誕生」

自身の水虫が治った経験から5本指の靴下の開発を考えていた糸井氏は、株式会社ニットウィンの西口勝博氏と出会う。

株式会社ニットウィンは戦後間もない1950年、創業者・西口勝次が1台の手廻し編み機から興した靴下の製造メーカーで、当時は珍しい5本指靴下の製造を行っていた。
(西口氏の特集はこちらから→職人魂の結晶

呼吸する和紙の靴下の開発は、百戦錬磨の糸井氏や西口氏をしても、困難を極めた。

それは、和紙糸そのものに、伸縮性が無いからである。
更に5本指ということも開発を難しくした。

そこで、糸井氏は、和紙の良さを失わない程度に補助繊維を混合させ、それを、西口氏が機械を調整して試作を行う。

二人は、何度も何度も改良を重ねて2年もの歳月が経ったころ、呼吸する和紙の靴下は誕生したのである。

1993年のことである。

※Itoitexは、株式会社ITOI生活文化研究所が特許を保有する生地の名称です。

2018年12月、株式会社Itoitexは、社名を株式会社itoix(イトイエックス)に変更いたしました。

今後、ITOI生活文化研究所、糸井が育ててきた和紙布「Itoitex」を京都ブランドとして世界に発信していく。

Itoitex=和紙布ブランド
この和紙布「Itoitex」を商品化し広めていくメーカーitoix(イトイエックス)

として、再スタートを切りました。

itoix(イトイエックス)の誕生です!

  • 第一章
    「原点」

    世界で名だたるブランドに生地を提供してきたテキスタイル界のレジェンド糸井徹。 その原点は1世紀前に書かれた父のノートにあった。

    詳しく読む

  • 第二章
    「フリードマン ショック」

    「本質」が薄れゆくモノづくりに苛立ちを感じる糸井。 世界で学んだオリジナリティと文化の違いに衝撃を受ける。

    詳しく読む

  • 第三章
    「和紙糸との出会い」

    和紙問屋での出会い。煮込んでも溶けない糸。治る水虫、臭わない和紙糸。和紙糸を研究するのには十分過ぎるめぐりあわせだった。

    詳しく読む

  • 第四章
    「呼吸する和紙の靴下誕生」

    西口氏と運命的な出会い。
    和紙靴下の開発は2人のレジェンドの手にかかっても困難を極めた。

    詳しく読む

  • 最終章
    「和紙布に込めた思い」

    和紙と人間の親和性に気付いた糸井は、研究・実証を繰り返した。
    世界の人々が待ち望んでいる素材とは!

    Coming Soon

スポーツソックスのitoixは全てのアスリートを応援します