職人魂の結晶

澄んだ空気、秋色の樹々、どこか懐かしく感じる風景の中にその会社はある。
奈良県の葛城市の株式会社ニット・ウィン、株式会社itoix(イトイエックス)の故郷だ。

和紙の靴下Itoitex(イトイテックス)は、株式会社ニット・ウィンの代表、西口勝博氏無くして誕生し得なかった。

なぜなら、Itoitexがこれまで、世の中に出ていない素材であったこと、
そして何より、商品化のきっかけが、糸井 徹氏が自らの水虫に効果があったことから、5本指での商品化にこだわったからだった。

糸井氏は、大手を含め、様々なメーカーに試作を依頼するも、どのメーカーからも断られた。
ようやく依頼出来たとしても満足な品質で仕上がって来ず、途方に暮れていた。

そんなとき、縁あって箱根で一夜をすごした人から紹介されたのが、株式会社ニット・ウィンの西口勝博氏だった。
灯台下暗しとはよく言ったもので、大阪にいる糸井氏が紹介された株式会社ニット・ウィンは、隣県の奈良県の会社だった。

奈良県では、戦後、農家の副業として靴下産業が広まった。
ニット・ウィンは、戦後、兵役から戻った、創業者・西口勝次が靴下の卸販売を始めたことからはじまり、1950年頃から、靴下の手廻し編み機を導入し、卸販売では無く、靴下の製造を自ら行う老舗の靴下メーカー。

糸井徹氏が相談に行った時、二代目 西口勝博氏がサラリーマンを辞めて家業に参加し始めた頃だった。
家業に参加し始めた二代目 西口勝博氏は、「人ができんことやらんと生き残っていけない」という思いで、量産品とは一線を画した経営を目指していた。

そんな時に、2人は出会った。
相談を受けた西口勝博氏は、早速試作に取り掛かった。
5本指ソックスの製造に自信を持っていたが、実際試作に取り掛かってみると、想像以上に困難が待ち構えていた。

冒頭触れたように、Itoitexがこれまでに無い素材であった為に、マニュアルが存在せず、職人としての経験と勘で、一から機械を調整しなければならなかった。
また、靴下という性質上、ある程度の伸縮性も求められるのだが、皆が知るように和紙の繊維には伸縮性がほとんど無い。

初めは、届いた糸の半分も製品化出来なかったという。
届いた糸で機械を調整しながら試作をしては、糸井徹氏に糸の改善を提案し、また届いた糸で試作を作ってを何度も何度も繰り返し、商品として販売出来る品質を安定的に出せるようになるまでに、3年もの歳月を費やした。

スポーツソックスのitoixは全てのアスリートを応援します