圧倒的な吸水性と驚くほどのドライ感

主原料である「マニラ麻」は、表面に無数の穴が空いているのが特徴で、
汗や雨などの水分が、地面を踏みしめるタイミングで吸収する空気によりすぐに押し出され、肌との間に水分が留まることがない仕組みになっています。
したがって、ムレによる不快感を大幅に軽減できることはもちろん、マメも出来にくいのです。(マメができる原因は、水分と摩擦熱)

実証データはこちら

薄くて強靭!商品化基準の3倍強度

Itoitexは、和紙の持つ「多孔性」により、摩擦の原因とされる「水分」が高速で排出され、肌との接触面に留まることがありません。
よって、劣化の原因である摩擦自体が起きにくいこと、加えて和紙は熱にも強い為、他の素材に比べて圧倒的な強度を誇ります。
実験の結果でも、商品化基準の約3倍の強度が実証されました。

※上記は、強度があることを表現しており、破れないことを強調しているものではありません。一定以上の負荷がかかれば、破れる可能性があります。

実証データはこちら

超軽量!総重量、従来ソックスの2分の1

和紙自体の繊維としての軽量度に加え、Itoitexが保持する裁断技術により、スリット1.5mmという極細幅を実現。重量は1平方メートルで15gと、他の素材と比較しても2分の1という軽さを誇る。
これは、最軽量が140g〜150gとされるランニングシューズですが、常識を覆す総重量120〜130gのランニングシューズが可能となるほどの素材なのです。

実証データはこちら

他の和紙のソックスとの違いとは?

現在、他社でも和紙の素材を使った商品が発売されています。和紙のソックスの特徴としてよく謳われるのが、速乾性や消臭効果、そして素材故の質感。当然、Itoitexも和紙のソックスなので、他社と違わずその特徴を兼ね備えていますが、スポーツソックスとしての実力を他社の和紙素材の商品と比較しても、ソックスを履いた時のベタつきや、不快感が少ないのが特徴です。